第14回インパクト・サロン開催案内

社会起業とファイナンス
理念・事業構造・法人から考える、ベンチャーCFOの思考と技術—

近年、日本では何度目かの起業ブームが活況を呈しています。ベンチャー・キャピタルからベンチャー企業への出資額も年々増加しており、ベンチャー・ファイナンスの領域にも注目が集まっています。一方で、社会的起業(ソーシャル・ベンチャー)と呼ばれる社会性の高いベンチャー企業や、非営利組織の活動も盛んになっています。これまで善意の寄附に頼るしかなかった社会的活動に対しても、社会的投資など新たなファイナンスの手法が利用されるようになってきています。より横断的に、複雑になったベンチャーのファイナンスについて、どのようにとらえたらよいでしょうか。

第14回インパクト・サロンでは、ベンチャーCFOとして3回のExitの経験を持ち、自身も一般社団法人スタートアップ・リーダーシップ・ジャパン・プログラムで活動する新村和大 多摩大学大学院MBAコース客員教授をお招きして、このテーマについて考えたいと思います。ソーシャル・ベンチャーの起業家は、自身の事業を軌道に乗せ、さらにスケールアップや持続可能性を確保するための資金調達戦略をどのように策定すれば良いのでしょうか。ベンチャーCFOとしての経験豊富な新村客員教授の視点を通じて、ビジネスの発展に不可欠なファイナンス手法と戦略のあり方を検討します。

できるだけ多くの方々のご参加をお待ちしております。

多摩大学社会的投資研究所

■プログラム概要■

【日  時】  2020年6月29日(月) 午後7時から8時
【会  場】  ZOOM ウェビナー
【講  師】  新村和大(多摩大学大学院客員教授)
【参加費】  1000円(研究所の個人・法人サポーターは無料)
【申込み】    事前にPeatixにてお申込み下さい。 https://tama-csi200629.peatix.com/
【定  員】    100名(定員に達し次第、受付を締め切りますのでご理解ください)
【主  催】  多摩大学社会的投資研究所
【助  成】  サントリー文化財団
【その他】     キャンセルは48時間前までにお願いします。これ以降は受け付けません。
【問合せ】  多摩大学社会的投資研究所 info@tama-csi.org 

■講師略歴■

新村 和大(しんむら かずひろ)
(多摩大学大学院客員教授)

京都大学経済学部経営学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。一般社団法人スタートアップ・リーダーシップ・プログラム・ジャパン代表理事、株式会社コードタクト取締役最高財務責任者などを兼任。これまでに文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクト プロジェクトオフィサー、株式会社Socket取締役、株式会社オモロワークス取締役などを歴任し、自身が経営するベンチャーを3度Exitした経験を持つ。創業期ベンチャーにおける戦略、財務、組織構築を強みとする。多摩大学MBAの他に、京都大学、東京理科大学などでも講師を務める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です