新着情報

日本企業が真にSDGsに貢献するために

多摩大学 社会的投資研究所 | 2019.10.04


10月24日のインパクト・サロンに登壇予定のFSGアジア太平洋責任者のリシ・アガワル氏と、PFCの黒田由貴子氏の共同論文「日本企業が真にSDGsに貢献するために:表層的な貢献表明は大きなリスクとなる」が、ハーバード・ビジネス・レビュー日本語版に掲載されました。

論文は、日本のトップ・グローバル企業100社のSDGsへの取り組みを分析し、従来型のビジネスが継続されていると結論づけます。これは、イノベーション競争に遅れるのみならず、「SDGsウォッシング」という批判を受けるリスクも出てきます。
こうした現状を踏まえ、論文は、インパクト・サロンでも取り上げる市場活用型のCSVアプローチとコレクティブ・インパクト手法の重要性を論じています。

SDGsに関心をお持ちの方々、ぜひご一読ください。10月24日のインパクト・サロンでは、このような問題意識を踏まえて、より実践的なあり方を検討する予定です。(記事はこちらからご覧いただけます。)