新着情報

第一勧業信用組合との連携協力協定締結

多摩大学 社会的投資研究所 | 2020.03.26


Press Release
多摩大学社会的投資研究所と第一勧業信用組合との連携協力に関する協定のお知らせ

令和 2年(2020 年)3 月 26 日

各 位

第一勧業信用組合
多摩大学社会的投資研究所

多摩大学社会的投資研究所(所長 徳岡 晃一郎)と第一勧業信用組合(理事長 新田 信行)は、下記のとおり連携協力に関する協定書を締結したので、お知らせいたします。

1. 本件の概要

 多摩大学社会的投資研究所と第一勧業信用組合は、日本の地域社会を中心とした社会的投資の発展のための活動を相互に連携・協力して実施することを目的に「連携協力に関する協定書」を締結いたします。

2. 両者の概要

第一勧業信用組合は昭和40年(1965年)5月に地域信用組合として設立、都内の26店舗(22本支店、4出張所)を拠点に東京都及び千葉県浦安市、千葉県市川市を営業エリアとしています。
 経営理念である「地域とのふれあいを大切にし、皆さまの幸せに貢献いたします」を実現すべく、「人とコミュニティの金融」、「育てる金融」、「志の連携」を実践してまいりました。具体的には創業支援、地方創生及びソーシャルビジネス支援など積極的に取り組んでいます。
 一方、多摩大学社会的投資研究所は、社会的価値実現のためのソーシャル・ファイナンス領域の中で、特に社会的投資を主な調査・研究領域とする、日本で初めてのシンクタンクとして2018年6月に設立されました。
 ソーシャル・ファイナンスに関わる内外の企業、研究者、財団、非営利組織などと幅広い専門家ネットワークを形成し、各国の先進的な取り組みを体系的に調査・研究して、政策提言や普及・啓発活動を実行しています。また、社会的インパクトのある具体的プロジェクトに伴走してインパクト評価などを行うほか、セミナーやワークショップの開催、トレーニングプログラムの実施、企業や財団からの委託研究などを、内外の機関と提携して事業を推進しています。

3. 連携協力の内容

連携協力の主な内容は以下のとおりです。

  • 社会的投資の発展のための共同支援事業
  • 民間企業等との共同調査・研究、受託研究等
  • 民間企業等への社会的インパクト評価の提供
  • 講演会、セミナー、見学会等の開催等
  • その他目的達成のための必要事項

4. 多摩大学社会的投資研究所の内容(2020年2月末日現在)

商号多摩大学社会的投資研究所
所在地東京都港区港南2-14-14 品川インターシティフロント5F
所長徳岡 晃一郎
創立平成30年(2018年)6月

5. 第一勧業信用組合の内容(2020年2月末日現在)

商号第一勧業信用組合
所在地東京都新宿区四谷二丁目13番地
理事長新田 信行
創立昭和40年(1965年)5月

以上

【本件の問い合わせ先】

第一勧業信用組合
連携企画推進部 部長 篠崎 研一
TEL : 03-3358-0916

多摩大学社会的投資研究所
研究員 小林 立明
TEL : 03-5769-4170