多摩大学社会的投資研究所 第39回インパクト・サロン「インパクトビジネスと金融機関ー21世紀金融行動原則2022年度環境大臣賞の取組事例からー」

社会的インパクトを考慮した新たな取組みは、既存の大規模な金融機関においても
取り組むことが期待されています。

規模の大きな金融機関が取組むことの影響は大きく、それによって、社会的インパクトを考慮した
取組みがより一層促進されることが期待されますが、大規模金融機関であることの取組みの難しさや
課題も存在するものと思われます。

今回のインパクト・サロンでは、21世紀金融行動原則2022年度環境大臣賞を受賞した
三井住友信託信託銀行の取組みについて、同行フェロー役員の金井司さまにご紹介いただきます。
金井さまの講演を受け、堀内所長とのクロストークにより、議論を深めていきたいと思います。

なお、終了後に会場で懇親会(会費制)を行います。軽食をご用意しますので、
ネットワーキングの機会としてもご活用ください。

 できるだけ多くの方々のご参加をお待ちしています。
                                  
          多摩大学社会的投資研究所

                   ■セミナー概要■

【日 時】 2024年1月29日(月)
        セミナー 18時30分〜20時00分 懇親会 20時00分~21時00分(目途)
【会 場】 官民共創HUB 及び オンライン(Zoom)
【アクセス】東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 徒歩1分 
      東京メトロ千代田線・丸の内・日比谷線 霞ヶ関駅 徒歩3分
  (住所)東京都港区虎ノ門1-1-3 磯村ビル3階
【登壇者】 金井 司  三井住友信託銀行 フェロー役員
      堀内 勉 多摩大学社会的投資研究所 所長・多摩大学大学院教授
【参加費】 セミナー:無料 懇親会:2000円(会費制)
【申込み】 事前にPeatixにてお申込み下さい。 
【定 員】 現地参加:30名 オンライン:100名
【主 催】 多摩大学社会的投資研究所
【共 催】 官民共創HUB
【その他】 キャンセルは48時間前までにお願いします。
【問合せ】 多摩大学社会的投資研究所 
      Web: https://tama-csi.org Mail: info@tama-csi.org

                 ■登壇者■

                  金井 司
            三井住友信託銀行 フェロー役員
1983年入社、 2003年にサステナビリティ部署の立ち上げを主導し、 ESGファンドの開発、環境不動産業務の
立ち上げ、ポジティブ・ インパクト・ファイナンスの開発、テクノロジー・ベースド・ ファイナンスチームの
組成等を手掛ける。「21世紀金融行動原則」及び「インパクト志向金融宣言」 の初代運営委員長。
環境省「地域におけるESG金融促進事業意見交換会」、金融庁「 インパクト投資等に関する検討会」、
内閣府「地方創生SDGs金融調査・研究会」等。著書は『CSR経営とSRI』等。

                  堀内 勉
        多摩大学社会的投資研究所所長・多摩大学大学院教授
東京大学法学部卒業、ハーバードー大学法律大学院修士課程修了。日本興業銀行、ゴールドマンサックス証券、
森ビル・インベストメントマネジメント社長、森ビル取締役専務執行役員CFOなどを経て、現在は、100年企業
戦略研究所所長、(株)ボルテックス取締役会長、アジアソサエティ・ジャパンセンター理事、川村文化芸術振興
財団理事、社会変革推進財団評議員、経済同友会幹事、書評サイトHONZレビュアーなどを務める。
「資本主義研究会」主催。著書に「ファイナンスの哲学」、「資本主義はどこに向かうのか」(編著)など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です